ビザ専門 IMMIGRATION OFFICE

 

在留資格認定証明書とは、証明の対象となる外国人の方が日本で活動するための在留資格に該当し、上陸基準に適合することを証明する書類です。
英語では、この証明書のことをCertificate of Eligibility for a Status of Residence(COE)といいます。

 

この証明書は、原則として、日本にいる外国人の知人(例えば配偶者の方や外国人を雇用しようとする雇用主)が交付を申請します。
無事に交付されたら、海外にいる外国人本人にこの証明書を送り、本人がこの証明書とともに日本の在外公館(日本大使館・領事館)にビザを申請します。
ただし、この証明書が発行されたからといって、必ずビザが発給されるわけではありません。
また、証明書の有効期間は、交付から3ヶ月です。
この期間内に、海外の日本大使館・領事館にてビザ発給の申請をする必要があります

 

 

 

 

在留資格認定証明書交付申請から上陸までの流れ

 

@我が国に入国を希望する外国人の代理人や、その方から依頼を受けた取次者が入国管理局に対して、在留資格認定証明書の交付申請を行う

 

 

 

A約1か月〜3か月ほどで、入国管理局から在留資格認定証明書が交付される

 

 

 

B在留資格認定証明書を、国外の外国人に送付する

 

 

C在留資格認定証明書を受け取った外国人が、本国の在外公館(日本国大使館・領事館)で査証の発給を受ける

 

 

D来日する

 

 

E上陸審査時に旅券、査証、在留資格証明書を提出する

 

 

F上陸許可